読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE KENTYなお花畑

キラッキラに輝く中島健人くんをひたすら愛でて重い愛を垂れ流すブログ〜ちょくちょく他のことも挟みながら〜

好きなように書くことの難しさ


昨夜書いた記事は、今わたしが思っていることをそのまま書いたつもりである。だけど、思っていることを100%文章化できたわけではなくて、うまく言葉にして表現できないもどかしさも残っている。
それでも、このブログでは自分の思っていること、感じたこと、考えたことを周りを気にせずそのまま書けたらいいなと思っている。

もともと心配性で気にしいな性格のためか、周りの意見を気にしてしまう。もちろん仲の良い方とはすごく気が合うし、そうでない場合も新たな刺激としてそのお話をもっと聞きたいと思う。だけど、をたく全般的な意見というものはわたしの個人的な1個の意見に対して圧倒的に多く、時には大多数である。そのような場合になるべく穏便に平和に暮らしたいという気持ちが芽生え、チキンになってしまう。

だからといって全てそのままさらけ出してしまうのではなく、もちろん(わたしの少ないボキャブラリーのなかで)言葉を選んで文章化することを忘れずにいたい。自己満足でブログをやっていても、公開している限り誰かがこの文章を読んでくださっているのだから、ちゃんとそのことへの配慮も考えないといけないなと思う。
昔わたしはTwitterで、自分の発した何気ない言葉によって相手を傷つけてしまったことがある。感情にまかせてそのまま言葉をぶつけてしまったのだ。対面で話すのと違い、言葉の羅列でしか表現できないSNS等は普段以上に相手への気遣いをしなければならないと学んだ。わたしは、当たり前だと思っていることを当たり前にすることの難しさを感じている未熟者である。

わたしは今の体制のことについてたくさん思っていることがある。だけどそれらを全て口に出したことはない。なぜなら、すごくデリケートな問題だと思うから。わたしはこのことに関して担当とか関係ないと思っているが、やはり心のどこかでどこまで言っていいものかと探り探りな部分がある。担当として追いかけて初めて気づくことや感じることがあるだろうし、担当と同じグループのメンバーとして見ていただけではわからない魅力やそれゆえの辛さがあるだろう。そう思うと、軽はずみに口にできないと思ってしまう。
だけど、わたしは健人くんとSexy Zoneが大好きで、健人くんのことを心配するのと同じ熱量でSexy Zoneのことも心配で不安である。
だからこそこれからもこれまでと同じようなスタンスでやっていきたい。

もしかしたら不快に思われる方もおられるかもしれない。そのときは、いちファンの個人的な意見のひとつにしかすぎないと思って、受け流して頂けるとありがたい。