読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE KENTYなお花畑

キラッキラに輝く中島健人くんをひたすら愛でて重い愛を垂れ流すブログ〜ちょくちょく他のことも挟みながら〜

祝!!Sexy Zone 10th シングル 「カラフルEyes」 12/16 発売!!

夢と魔法の王国に行った帰りの新幹線の中でなにげなくTwitterを開けてびっくり!!!!

なんと!本当に!五人が!

ジャケ写はお衣装もお顔も全部色違い同じサイズ素敵なテーマ違いのお写真。
そして、メンバーだけが登壇したイベント。

夢と魔法の王国帰りのぼけぼけ脳でこれを認識するにはとても時間がかかった。
嬉しくて信じられなくて幸せで、いつまでたってもにやけが止まらず、横に座っていた友だちにスマホを見せてあれやこれやと話をした。そして優しいその友だちはわたしの話をうんうんと聞き、本当にすごいことなんだねめっちゃ伝わったよよかったねと言ってくれた。(しかしわたしのにやけ顔に対してはちゃんと突っ込んでいた。)そして1年半ぶりの五人シングルとなるが、今回の売上はとても重要であると、このぼけぼけ脳でも理解はできた。


いつまでこれが続くのかわからないし、もしかしたら2、3年は覚悟したほうがいいのかなとも思っていたわたしは、正直このタイミングが予想以上に早いと感じた。だが、早いことに越したことはない!このときを今か今かと待ち望んでいたのだ!!
しかし、健人くん曰く"武者修行"であったこの期間のことを、わたしは"黒歴史"とは表現したくない。そのときその場、それぞれが今できる全力で頑張ってきた期間であり、そんな頑張る彼らの未来のことを信じて応援してきた期間でもある。そんな時間を"黒歴史"という言葉で表現することは、両者を否定しているように感じられるからだ。


3人体制流動化とは本当に便利な言葉を見つけてきたなと思う。確かに"流動化"とすれば、いつ誰をどうやって組み込み形にしたって、それは流動化であって固定じゃないから説明がつくんだよな。だけどここで大切なのは、ジャニーさんの提案にメンバーが賛同したってことで。それが果たしてどこまでの内容に対しての賛成だったのかは不明だが、これをメンバー自身が受け入れて頑張ってきたのは間違いない。そして、その期間で確実に成長したことも、揺るぎなく間違いない事実である。

一瞬Sexy Zoneから離れようとした去年の夏、あのとき本当に離れなくてよかった。離れようとしたが、その魅力とSexy Zoneや健人くんが時代を創る姿を見届けるという未練を残したまま離れられなかった。


今まで欠かさず一種は買っていたが、今回は今まで以上に気合を入れて臨みたい所存である。

Sexy Zoneに
幸あれ!!!