読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE KENTYなお花畑

キラッキラに輝く中島健人くんをひたすら愛でて重い愛を垂れ流すブログ〜ちょくちょく他のことも挟みながら〜

けんしょり蜜月期を経て今マシュマロ期へ

健人くんと勝利くんといえば、でろ甘い蜜月期ののち勝利くんの精神的成長を経て今は良きビジネスパートナーであり、健人くんにとっては"心がマシュマロになっちゃう""同い年のよう"な存在となっている。

健人くんが勝利くんのことをよく"良い意味で心が老けている"と表現しているが、勝利くんをそうさせたアイドル人生の重みを感じてならない。もしもジャニーズのオーディションにも行かず、そのまま普通の学生生活を送っていたなら、この美少年はこの日本のどこかでひっそりと普通の男の子として暮らしていただろう。しかし、ひょんなことからアイドルとしてお仕事するようになって、中島健人くんというアイドルの鑑のような存在と出会った勝利くん。そのことを思うと、健人くんがいま勝利くんのことをマシュマロやら同い年や、心が老けてるやら支えてもらってるなどと言ってるのは、これ以上ない胸アツ案件ではないか。健人くんのなかで、勝利くんが保護対象から共に支え合い戦う仲間となったこと、本当に良かったとおもう。嬉しい。弱さを見せたくない健人くんが最近ぽろぽろ弱さを自ら言うようになったのは、勝利くんのマシュマロ効果もあるのではないか。
"まっすぐにしか進めない"と自ら語る勝利くんだけど、そうやって話すまっすぐさ、そこが素敵なところである。そしてそんな勝利くんに柔軟に合わせ、そのポジションから期待以上のパフォーマンスを魅せる健人くん。絶妙なコンビネーションである。

最近のけんしょりを見ていると、"ふまけん"への健人くん本人の捉え方がよく見えてくる気がする。
勝利くんそうちゃんマリちゃんを見守りながらもグループの舵を取っていたデビュー後しばらくの間の年長ふまけんと、少しずつ周りが見えてくるようになり落ち着き始め自分のアイデンティティのようなものを求めてうまく噛み合わなくなったふまけんと、グループのこと全体のことをふまえて波長が合ったふまけんと、距離感が落ち着いた今のふまけん。
"いつも隣にはアイツがいた"って漫画みたいな台詞が似合いそうなふまけん。でもまさにそのまんまで、健人くんにとったら風磨くんって、これまでずっとやってきた仲間であることに今までもこれからもずっと、変わりはないんだなと。だから、シンメだけどシンメとして特にこだわるというわけではなく、波長が合ったとき、何かのタイミングが合ったときが"目立ちたがりシンメふまけん"なんだなって。本人も言ってたよね。営業はしないし、ふと何かのタイミングで意識せずとも合ったときがシンメふまけんだと。

当たり前のことであるが、時間が経つのと同時に、人間関係も変化していくのだなと感じさせられる。