読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE KENTYなお花畑

キラッキラに輝く中島健人くんをひたすら愛でて重い愛を垂れ流すブログ〜ちょくちょく他のことも挟みながら〜

赤い薔薇に誓う

やっと、STAGEを聴いた。

Sexy Zone 5th Anniversary Bestに収録されている、5人で作詞した曲。

ずっと聴けないでいたこの曲をなぜいまさらこのタイミングなのかというと、少クラで初披露したことがきっかけとなったから。

 

まだ5年、たった5年、だけどもう5年。いろんな視点から考えれば、その時々で早かったようにも遅かったようにも捉えられる。

この先長い人生の中で幼い少年たちが背負うにはまだまだ大きすぎることを、この5年の中でたくさんたくさんあったと、感じてならない。

 

泣いて 笑って 届けるから

笑われたって あなたにだけ

ここで思わず頭に浮かんだのは、いつだって笑顔で全力で、照れた顔を見せながらも期待以上で応える、あの健人くんの"ラブホリ"だった。

(もちろん、この部分をメンバーの誰が書いたかわからないし、そう思っているのは誰かに限らずきっとメンバーみんなで、だからこそこの言葉を歌詞として作ったのだと思っている。)

いつかのラジオでスピードワゴン小沢さんと甘い言葉について話していた時の健人くんが、"笑いを取るために言ってたんじゃない"と言っていたこと。そして今でも、"甘い言葉はファンやお客さんがいるからその場で思い浮かぶ"と、どこで誰に聞かれても答えている健人くん。その全てを一瞬にして思い起こさせるこの歌詞が、心にすとーんと落ちてきて、この人たちのファンになれて本当に幸せだなあと噛み締めた。

 

ねえ…離れて

気づけた ぬくもりも

胸に それぞれの

道へ歩んだ あなた

いつか また出逢うなら

僕らが描く "頂上"で

びっくりした。

"離れて 気づけた ぬくもりも"というところを聞くと、あの別々で活動をしていたあの時のことなのかと感じるけど、その後に続く、"あなた"という言葉から、離れていった自分たちのファンに向けての言葉なのだと気がついた。

 

もっと もっと でっかく咲いて

この声が 遠いどこかの

泣きじゃくる あなたに

届くまで やめないよ

回すんだよ! この手で この地球を

あの美しいビジュアルとフレッシュさからは思い浮かばないほどの熱意とギラギラ。だけどどこか不器用で、そんなところからは等身大の少年、青年が垣間見れるように感じ、何があっても憎めない愛らしさがある。

そんな彼らが、

いつだって マイク握るよ

大声で奏でよう!

その声聴かせて

と言ってくれている。

そんなこと言われたら、いつだって、どこだって、誰といたって、大好き〜〜!!ってでろでろのあまあまのめろめろに甘やかしたくなる。だから、わたしもこれからもずっと、可愛いかっこいい大好き!という気持ちを胸に、未来の"頂上"に立つSexy Zoneを楽しみに観ていたい。

 

好きだからどう思うかって人によるけれど、わたしは、好きだから憎めないし愛らしいし、時に疑問も不安も持ちながらも、それでもどうにかこうにか自分なりに解釈して信じて、長い目で見ていたい。

わたし自身社会人を始めてからというもの、自分の未熟さや社会の厳しさ、失敗した時にどう受け入れ吸収するかとか、難しいことだらけで、その度に至らない自分が目について嫌になることがある。

そんなふうに半人前な自分を頭におくと、(もちろん社会人としては先輩だから当たり前だけど)同年代の彼らが輝いて見えるし、"これからいろんなことあるけど一緒に頑張ろう!"って、厚かましくも一緒に頑張っているような感覚もあり、この先たとえ何があったとしてもずっとあったかく見ていたいなあと思う。

 

ありがとう ただありがとう

赤い薔薇に誓う

その棘が刺さろうとも 

歩いていく あなたと この"未知"を