読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOVE KENTYなお花畑

キラッキラに輝く中島健人くんをひたすら愛でて重い愛を垂れ流すブログ〜ちょくちょく他のことも挟みながら〜

『永遠のメリーゴーランド』に魅せられて


ここ最近ずっと、『永遠のメリーゴーランド』をフルで披露した回の少クラを何度も見返してる。
(※この曲は健人くんのソロ曲の中で唯一の未音源曲で、あの伝説の中島健人冠番組「JMKラブホリ王子様」劇中で披露された曲。)

どうしてこの曲を今のタイミングで思い出したかのように見返してるのか、自分でもよくわからないんだけど、たぶん、あのメロディと健人くんの声の温かみと美しさ柔らかさが恋しくなったのかな〜って。

C#(嬰ハ長調)という#が7つもついてる、まず譜読みするのもそこそこ頭こんがらがっちゃいそうなところからして、作り手のこだわりや想いが伝わってくる。この調のもつ柔らかさとか温かみが全体の雰囲気を作っていて素敵。そして、これまた健人くんの柔らかな声とすごくマッチするんだよ〜〜!
健人くんのくせなのか、弾いてる途中にふわんふわんぴょんぴょんって舞う手が綺麗でさあ。弾いてるその姿も抜かりなく魅せてるなって。それに、1オクターブも余裕で届きそうなあの細くて綺麗で大きな手にきゅんきゅんしちゃう。あの少クラのときの映像で言うと、"キザな言葉言うのも君だけだから"のフレーズ後の左手を映し出して欲しかったというワガママ>< ぜったいあの部分の動きしてる左手めっちゃかっこよかったと思う!

まず健人くんのアカペラから始まり、美しいピアノの前奏っていう流れが神的に素晴らしい!!透き通るようなまっすぐな歌声でぐっと引き込まれ、その後に流れるように始まるピアノがほんに美しく、その溢れんばかりのキラキラに胸がいっぱいになっちゃう。ビブラートをかけているときの細かなあの顎の動きが好き。アカペラで歌う姿を素晴らしいフェイスラインが綺麗に映る斜め後ろから映し、ピアノの前奏が始まると手元がよく見えるように上から映してるのが、これまたカメラワークグッジョブ!

"街中のステージ 君を見つけたあの日"っていうフレーズをかいた健人くんに、アイドルを感じてならない。一般人のわたしには、街は街としてしか見えないけど、アイドルとしてステージに輝き続ける健人くんには街もひとつのステージなんだなって。どこでも輝く健人くんだからこそ、相手に対してもそんなふうにキラキラした視点から言葉をかけてくれるんだなあ。それとあとは、健人くんのファンシーでロマンティックな感性によるものでもあるなって。女の子が憧れるようなモチーフ、表現、言葉をさりげなく健人くんらしく込めてくるところが、本当に好き。タイトルの"メリーゴーランド"だってそうだよね。初め聞いたとき、永遠のメリーゴーランドってどういう意味?って不思議に思ったけど、こうやって何度も聴いて歌詞を読むと、ずっと共に寄り添い愛し合う2人のことを、2人で乗る永遠に回り続けるメリーゴーランドって表現してるんだなって。健人くんの考えること、表現することって、どうしてこうもキラキラふわふわしてるのにぐっと引き込まれるんだろう(これだって当時草生やされまくってたのわたしいまでもおこだから) 。でも、そんな健人くんだけど、そのあと"キザな言葉言うのも君だけだから"ってかいてるんだよね。愛してるよ好きだよって言ってるのに、アイドル健人くんから急にぽそっと本音を聞いたような気がしてドキッとする。

"眠れない夜さ 君を迎えに行く"の時のあのとびっきり優しい声と、少し余裕があるようなオトナで優しい表情。フレーズ終わりになるほど音が低くなっていくから、なおさら声が優しく甘くなる。好きな子に好きと言われ眠れなくなった夜、迎えに行くって!まあ!なんと!これをかいたのが健人くんっていうのが、本当もう愛しくてたまらない。本当にここの部分のメロディも歌詞も声も全部好き。他の健人くんのソロ曲に比べると、歌詞の表現が割とまっすぐで飾らない素直さが感じられて、その可愛さとキラキラさがたまらない。

あと、前にも他の記事でチラッと書いたことあるんだけど、健人くんがピアノ弾き語りするときにいつも譜面立てに楽譜置いてないのすごい好き。魅せるものとして、本当に美しい。

どうしてこの曲が音源化されてないのか、不思議でしょうがない。
だけど、そのレアさが儚くも感じられる。